会社案内

企業理念

この度は当社ホームページをご覧頂き有難うございます。 当社は創業者小山喜三郎が昭和31年、セメント瓦工事業としてこの地で操業を始め、昭和53年に小山セメント工業を法人化。現会長である小山憲彦が創業者小山喜三郎の意志を受け継ぎ屋号を平成6年株式会社小山セメント工業より株式会社ベーステックに変更、 セメント瓦工事から住宅基礎工事に参入し、会社規模を拡大させて頂きお客様のご理解、ご協力のお陰をもちまして現在では  基礎工事、建築工事、土木工事、そして躯体工事全般を請負うまでに成長させて戴きました。当社は躯体工事の総合商社でありたいと思っております。 土工事、型枠工事、鉄筋工事、コンクリート工事、その他工事など… 躯体工事と纏められても複数業種が混在しております。 この中の一業種でも欠けて仕舞えば躯体工事は成り立ちません。この複数業種を当社及び当社協力会社との連携によって当社一括請負する事により躯体工事の現場管理が一本化できる事で、複数業社間での調整や打合せが無くなり、現場管理者の負担軽減にもなると考えております。 躯体工事の商品は「物」では無く「人」です。 当社がスポンサーをするスポーツ団体も商品が「物」では無く「人」だから応援するのです。私が尊敬する戦国武将 武田信玄公の言葉にこうあります「人は城 人は石垣 人は堀 情けは味方 仇は敵なり」 どんなに立派な天守閣でもそれを支える石垣(基礎)がしっかりしなければ崩れてしまうという、正に礎=人を商品とした言葉だと思います。 人が人を繋げそしてその輪がいつか仕事として還元されると思っております。 創業者小山喜三郎が戦時中東京より疎開しゼロからスタートさせた礎に会長である小山憲彦の人脈、人柄に触れ集まってくれた社員、協力してくれている協力会社、当社の理念を理解してくださるお客様のお陰で立派で堅固な土台作りが出来ました。 それを三代目として更に皆様のご理解とご尽力を賜り、次世代に繋げられるよう立派な棟上げが出来ればと思っております。 貴方の身近な公共施設や商業施設、住宅などひょっとしたら当社が関わっているのかもしれません。どうか今後も変わらぬご支援を賜ります様よろしくお願い申し上げます。